スポンサードリンク

京都の人気の紅葉スポット

京都の人気の紅葉スポット

紅葉で、「もみじ」を漢字で書くと「紅葉」とも書きますが、
実際は「もみじ」とは「かえで」のことです。
「紅葉狩り(もみじがり)」という言葉は、「もみじ」だけを見るものではなくて、
紅葉した木々を観賞することを言います。
「紅葉」「もみじ」とは、元々秋に紅葉する、色づく植物の総称で、
その中でも「かえで」が色鮮やかに赤くなるため、
「かえで」のことを、「もみじ」と呼ぶようになったようです。
紅葉の代表のようなことですね。

紅葉の種類で一般的にもみじと呼ばれているものは
カエデ科の植物で、日本には30種類以上が見られます。

関西の紅葉では人気なのが京都ですね。
京都の寺院などはどこも紅葉が綺麗で、人気のスポットです。

京都紅葉は全国各地が見物客が来るほど
有名で見ごたえがあります。




京都の人気の紅葉スポット


高台寺

京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町526

見頃:10月中旬〜12月上旬

アクセス:JR京都駅・四条河原町から京都市バス「東山安井」下車、徒歩5分

拝観料:大人600円、中高生250円、小学生以下無料

駐車場:あり(150台、無料) 拝観者のみ一時間無料




三千院

京都府京都市左京区大原来迎院町540

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:JR京都駅、叡山電鉄「出町柳」駅から京都バスで「大原」下車、徒歩10分

拝観料:一般700円、中高生400円、小学生150円

あり(有料) 民間駐車場




清水寺

京都府京都市東山区清水1

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:京阪「五条」駅下車、徒歩25分
JR京都駅・四条河原町から市バスで「清水道」下車、徒歩10分

拝観料:大人300円、小中学生200円

駐車場:あり




嵐山

京都府京都市右京区嵐山

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:京福・阪急嵐山線「嵐山」駅から徒歩5〜10分
京阪三条から京都バスか京都市バスで「嵐山」下車
JR京都駅からは市バスで「嵐山公園」下車かJRバスで「嵐山」下車

駐車場:あり(有料) 市営800円、阪急嵐山1000円




東福寺

京都府京都市東山区本町15丁目778

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:京阪、JR奈良線で「東福寺」駅下車、徒歩10分
JR京都駅・四条河原町から市バスで「東福寺」下車

拝観料:大人400円、小中学生300円

駐車場:なし




平等院

京都府宇治市宇治蓮華116

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:JR奈良線で「宇治駅」下車、東へ徒歩10分。
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩10分

拝観料:大人600円、中学生400円、小学生300円

駐車場:なし




永観堂

京都府京都市左京区永観堂町48

見頃:11月上旬〜12月上旬

アクセス:JR京都駅から市バス岩倉操車場前行き、南禅寺・永観堂道下車すぐ

拝観料:大人600円、小・中・高生400円(11月6日〜12月5日は大人1000円、小・中・高生600円)

駐車場:なし




南禅寺

京都市左京区南禅寺福地町

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:地下鉄東西線「蹴上」駅下車、徒歩10分
JR京都駅、四条河原町、京阪三条駅から市バスで「南禅寺・永観堂道」下車すぐ

拝観料:方丈庭園:一般500円、高校生400円、小中学生300円
三門:一般500円、高校生400円、小中学生300円
南禅院:一般300円、高校生250円、小中学生150円

駐車場:あり




神護寺(じんごじ)

京都市右京区梅ケ畑高雄町5

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:JR京都駅からJRバス周山行きで、高雄下車、徒歩15分

拝観料:500円

駐車場:あり




保津峡(保津川下り)

亀岡市保津町〜京都市

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:(保津川下り乗船場)JR亀岡駅から徒歩約10分

乗船料金:大人3,900円 小人2,500円(4歳〜12歳まで)




光明寺

長岡京市粟生西条ノ内26-1

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:阪急京都本線長岡天神駅から阪急バス「光明寺」下車徒歩約3分
JR長岡京駅から阪急バス「光明寺」下車徒歩約3分

拝観料:高校生以上500円・中学生以下無料




鍬山神社

亀岡市上矢田町上垣内22

見頃:11月上旬〜11月中旬

アクセス:JR亀岡駅から京阪京都交通バス「矢田口」下車徒歩約15分
JR亀岡駅から徒歩約30分

駐車場:あり




常寂光寺

京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:京福電鉄嵐山本線嵐山駅から徒歩20分
拝観料中学生以上400円、小学生200円

駐車場:あり




龍安寺

京都市右京区龍安寺御陵下町13

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:市バス「龍安寺前」下車すぐ

拝観料:500円
posted by 関西の紅葉 at 10:08 | TrackBack(5) | 京都の紅葉

奈良の人気の紅葉スポット

奈良の人気の紅葉スポット

秋になると、全ての木々の葉が赤くなって紅葉するわけではなく、
イチョウなどの植物は、葉が黄色になります。

葉が黄色になることを「黄葉」と書きます。
読み方は、「紅葉」と同じ、「こうよう」です。
もみじもイチョウも「こうよう」すると言うのです。

厳密に言えば葉が赤色に変わるのを「紅葉」、
葉が黄色に変わるのを「黄葉」、
葉が褐色に変わるのを「褐葉」と呼びますが、時期が同じなためか、
全てをまとめて「紅葉」として言われる事が多いです。

紅葉、黄葉、褐葉のそれぞれの違いとは・・・
それぞれの色素を作り出すまでの葉の中の酵素系の違いと、
気温、水湿、紫外線などの自然条件の作用による酵素作用発現の違いが、
複雑にからみあって起こる違いです。
それらが葉の色の違いになって現れるのです。
それが我々が感動する綺麗な紅葉になるのです




奈良の人気の紅葉スポット


奈良公園

奈良県奈良市雑司町

見頃:10月中旬〜12月上旬

アクセス:近鉄奈良線近鉄奈良駅からすぐ

駐車場:あり(有料) 1000円(1日)




吉野山

吉野町吉野山

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:近鉄吉野線吉野駅から吉野大峯ケーブル「吉野山駅」下車

駐車場:あり




長谷寺

奈良県桜井市初瀬731-1

見頃:10月下旬〜11月下旬

アクセス:近鉄大阪線長谷寺駅から徒歩20分

拝観料:500円

駐車場:あり




鳥見山公園

宇陀市榛原区

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:近鉄大阪線榛原駅からバス「宇陀警察署前」下車、登山口から徒歩約30分

駐車場:あり




談山神社

奈良県桜井市多武峰319

見頃:10月下旬〜11月下旬

アクセス:近鉄大阪線桜井駅から奈良交通バス談山神社行きで、終点下車、徒歩3分

拝観料:大人500円、小学生250円

駐車場:あり




長岳寺

奈良県天理市柳本町508

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:近鉄天理線天理駅または近鉄大阪線桜井駅から奈良交通バス「上長岡」下車徒歩約10分

拝観料:大人300円

駐車場:あり




大台ヶ原

奈良県上北山村大台ヶ原

見頃:10月中旬〜10月下旬

アクセス:近鉄吉野線大和上市駅から奈良交通バス約1時間40分「大台ヶ原」下車

駐車場:あり




室生寺

奈良県宇陀市室生78

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:近鉄大阪線室生口大野駅から奈良交通バス室生寺前行きで、終点下車、徒歩3分

駐車場:あり




竜田川

奈良県生駒郡斑鳩町龍田西

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:JR大和路線王寺駅から奈良交通バス法隆寺行きで、竜田大橋下車、徒歩3分

駐車場:あり
posted by 関西の紅葉 at 09:25 | TrackBack(0) | 奈良の紅葉

兵庫の人気の紅葉スポット

兵庫の人気の紅葉スポット

紅葉は、落葉植物の葉が落葉する前に、
秋になって紅色に変わることをいいます。
夏に晴天の日が多く、秋になって急激に気温が下がると
美しい紅葉が見られるといわれています。
綺麗な紅葉にも自然の条件が必要になってきます。

紅葉や黄葉が進行する為の自然の条件は、
1日の最低気温が8度以下の日が続くと色づき始め、
さらに5度以下になると一気に紅葉が進むと言われています。
美しい紅葉の条件には「昼夜の気温の差が大きい」
「湿気が少なく乾燥している」「日照時間が長い」
などが必要となってきます。
紅葉、黄葉の名所ではこれらの条件をよく満たす場所がが多いようです。

紅葉の一般的にもみじと呼ばれているものは
カエデ科の植物で、日本には30種類以上が見られます。




兵庫の人気の紅葉スポット

六甲山

兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲

六甲有馬ロープウェーから見る六甲山の紅葉
見頃:10月下旬〜11月下旬

アクセス:神戸電鉄有馬線有馬温泉駅からロープウェー有馬温泉駅まで徒歩15分、

六甲有馬ロープウェー(往復)大人1770円・小人890円

駐車場:あり




神戸市立森林植物園

兵庫県神戸市北区山田町上谷上長尾1-2

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:神戸電鉄三田線北鈴蘭台駅

入園料:大人300円、小人150円

駐車場:あり




もみじ山

宍粟市山崎町元山崎山 最上山公園

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:中国道山崎ICから国道29号経由約5分

駐車場:あり




武田尾

西宮市塩瀬町名塩武田尾温泉

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:JR武田尾駅から徒歩約10分

駐車場:なし




東山公園

兵庫県たつの市新宮町新宮

見頃:10月下旬〜11月下旬

アクセス:JR姫新線播磨新宮駅から徒歩15分

駐車場:あり




赤西渓谷

兵庫県宍粟市波賀町原

見頃:11月上旬〜11月中旬

アクセス:中国道山崎ICから国道29号経由約50分

駐車場:なし




原不動滝

兵庫県宍粟市波賀町原

見頃:11月上旬〜11月中旬

アクセス:中国道山崎ICから国道29号経由約40分

駐車場:あり




龍野公園紅葉谷

兵庫県たつの市龍野町中霞城〜北龍野

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:JR姫新線本竜野駅から徒歩30分
posted by 関西の紅葉 at 09:08 | TrackBack(0) | 兵庫の紅葉

滋賀の人気の紅葉スポット

滋賀の人気の紅葉スポットについて

秋になると、全ての木々の葉が紅葉で赤く染まるわけではなく、
イチョウなどの植物は、葉が黄色になります。
葉が黄色になることを「黄葉」と書きます。
読み方は、「紅葉」と同じ、「こうよう」とよみます。
もみじもイチョウも「こうようする」と言えば、
間違いではありません。漢字は違いますが。

厳密には赤色に変わるのを「紅葉」、
黄色に変わるのを「黄葉」、
褐色に変わるのを「褐葉」と呼びますが、時期が同じですので、
ともに「紅葉」として呼ばれる事が多いようです。
紅葉、黄葉、褐葉の違いとは・・・
それぞれの色素を作り出すまでの葉の中の酵素系の違いと、
気温、水湿、紫外線などの自然条件の作用による
酵素作用発現の違いが、複雑にからみあって起こる違いです。




滋賀の人気の紅葉スポット


延暦寺

滋賀県大津市坂本本町4420

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:JR湖西線比叡山坂本駅から徒歩20分のケーブル坂本駅から比叡山ケーブルで、終点下車、徒

歩10分

三塔巡拝共通券:550円、中・高校生350円

駐車場:あり




石山寺

滋賀県大津市石山寺1-1-1

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:京阪石山坂本線石山寺駅から徒歩10分

拝観料:大人500円、小人250円

駐車場:あり




永源寺

滋賀県東近江市永源寺高野町41

見頃:11月中旬〜2007年11月下旬

アクセス:近江鉄道本線八日市駅から近江鉄道バス永源寺車庫行きで、永源寺前下車、徒歩15分

拝観料:500円

駐車場:あり




鶏足寺(旧飯福寺)

滋賀県伊香郡木之本町古橋

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:JR北陸本線木ノ本駅から湖国バス金居原行きで、古橋下車、徒歩15分

拝観自由

駐車場:なし




金剛輪寺

滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺873

見頃:11月上旬〜12月上旬

アクセス:JR琵琶湖線稲枝駅から彦根観光バス金剛輪寺行きで、終点下車すぐ

拝観料:500円

駐車場:あり




彦根城玄宮園

滋賀県彦根市金亀町

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分

入園料:大人1000円(11月25日まで、以降500円)、小・中学生200円

駐車場:あり




日吉大社

滋賀県大津市坂本5-1-1

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:JR湖西線比叡山坂本駅から徒歩約20分

駐車場:なし




胡宮

滋賀県多賀町敏満寺 胡宮神社

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:近江鉄道多賀線多賀大社前駅から徒歩約15分

駐車場:なし
posted by 関西の紅葉 at 00:10 | TrackBack(0) | 滋賀の紅葉

大阪の人気の紅葉スポット

大阪の人気の紅葉スポット

紅葉や黄葉が綺麗に進行する条件は、
1日の最低気温が8度以下の日が続くと木々が色づき始め、
さらに5度以下になると一気に紅葉が進んでいます。
美しい紅葉には「昼夜の気温の差が大きい」
「日照時間が長い」「湿気が少なく乾燥している」などの
様々な条件が必要とです。
紅葉の名所にはこの条件をよく満たす所が多いようです。

もみじ」を漢字で書くと「紅葉」とも書きますが、
もみじ」とは、「かえで」のことなのです。
「紅葉狩り」という言葉は、「もみじ」だけを見るものではなくて、
紅葉した木々を見に行くということを言うのです。

紅葉」「もみじ」とは、元々秋に紅葉する植物の総称で、
その中でも「かえで」が色鮮やかに赤くなるため、
いつの間にか「かえで」のことを、「もみじ」と呼ぶようになったのです。




大阪の人気の紅葉スポット


箕面公園

大阪府箕面市箕面公園

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:阪急箕面線箕面駅から徒歩5分

駐車場:なし




万博記念公園

大阪府吹田市千里万博公園

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:大阪モノレール万博記念公園駅からすぐ

入園料:大人250円、小・中学生70円




犬鳴山

泉佐野市大木地区

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:JR日根野駅から南海ウィングバス約20分「犬鳴山」下車

駐車場:あり




摂津峡公園

大阪府高槻市塚脇5-3-4

見頃:10月下旬〜11月下旬

アクセス:JR東海道本線高槻駅から高槻市営バス塚脇行きで、終点下車、徒歩10分

駐車場:あり




大威徳寺

大阪府岸和田市大沢町1178

見頃:11月上旬〜11月下旬

アクセス:南海本線岸和田駅から南海バス牛滝山行きで、終点下車すぐ

拝観料:無料

駐車場:なし




槇尾山(施福寺)

和泉市槇尾山町

見頃:11月中旬〜11月下旬

アクセス:泉北高速鉄道和泉中央駅からバスで約40分、下車徒歩約20分

駐車場:あり
posted by 関西の紅葉 at 23:41 | TrackBack(0) | 大阪の紅葉

和歌山の人気の紅葉のスポット

和歌山の人気の紅葉情報


紅葉について・・・

落葉植物の葉が落葉するに先立って、
秋に紅色に変わることをいいます。
紅葉は夏に晴天が多く、秋になって急激に気温が下がると
美しい紅葉が見られるようです。

紅葉の代名詞といわれます、もみじは色づく葉を持つ植物を指す
俗称で、一般的にもみじと呼ばれているものは
カエデ科の植物で、日本には30種類以上が見られます。

一般的には紅葉は「紅葉」という漢字が使われています。
イチョウなど、種類によっては紅くなく
黄色い色付きの紅葉もあります。
紅葉」という言葉を国語辞典で調べてみると、
実は「黄葉」という言葉もあるのです。
「紅葉」秋に、落葉樹の葉が赤くなること。また、その葉。もみじ。
「黄葉」秋に、落葉樹の葉が黄色くなること。また、その葉。もみじ。
色が赤か黄色かってことだけで意味に大差はありません。
黄葉の説明にも「もみじ」と記されています。
「もみじ」は赤いのだけでなく黄色くなるものも「もみじ」と言うのです。




和歌山紅葉の人気のスポット


那智滝

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

見頃:11月下旬〜12月上旬

アクセス:JR紀勢本線・紀伊勝浦駅から熊野交通バス那智山行きで、滝前下車、徒歩3分

御瀧拝所:300円

駐車場:あり




高野龍神スカイライン

和歌山県田辺市龍神村龍神

見頃:10月下旬〜11月上旬

アクセス:阪和自動車道和歌山ICから国道24号・480号を経由し、国道371号を龍神方面へ車で60km




玉川峡

和歌山県橋本市北宿

見頃:11月上旬〜年11月下旬

アクセス:JR和歌山線橋本駅からタクシーで約30分

駐車場:あり




湯川渓谷

和歌山県有田郡有田川町上湯川

見頃:10月下旬〜11月中旬

アクセス:阪和自動車道吉備ICから国道480号を経由し、県道19号を湯川方面へ車で45km




大滝川森林公園

和歌山県日高郡日高川町山野

見頃:11月中旬〜12月上旬

アクセス:JR紀勢本線・和佐駅からタクシーで20分

駐車場:あり
posted by 関西の紅葉 at 19:26 | TrackBack(1) | 和歌山の紅葉

紅葉情報

紅葉について・・・

秋になると、全ての木々の葉が紅葉で赤く染まるわけではなく、
イチョウなどの植物は、葉が黄色になります。
葉が黄色になることを漢字で「黄葉」と書きます。
読み方は、「紅葉」と同じ、「こうよう」です。
モミジもイチョウも「こうようする」と言えば、間違いではありません。漢字は違いますが。

厳密には赤色に変わるのを「紅葉」、黄色に変わるのを「黄葉」、
褐色に変わるのを「褐葉」と呼びますが、時期が同じなためか、
全てをまとめて「紅葉」として扱われる事が多いです。
紅葉、黄葉、褐葉の違いとは・・・
それぞれの色素を作り出すまでの葉の中の酵素系の違いと、
気温、水湿、紫外線などの自然条件の作用による酵素作用発現の違いが、
複雑にからみあって起こる違いです。


紅葉は、落葉植物の葉が落葉する前に、
秋に紅色に変わることをいいます。
夏に晴天が多く、秋になって急激に気温が下がると
美しい紅葉が見られるといわれています。

紅葉や黄葉が進行する条件は、
1日の最低気温が8度以下の日が続くと色づき始め、
さらに5度以下になると一気に進むと言われています。
美しい紅葉には「昼夜の気温の差が大きい」
「湿気が少なく乾燥している」「日照時間が長い」
などの条件がいります。
紅葉の名所ではこれらの条件をよく満たす場所がが多いようです。


もみじ」を漢字で書くと「紅葉」とも書きますが、
実際は「もみじ」とは「かえで」のことです。
「紅葉狩り」という言葉は、「もみじ」だけを見るものではなくて、
紅葉した木々を見に行くことを言います。
「紅葉」「もみじ」とは、元々秋に紅葉する植物の総称で、
その中でも「かえで」が色鮮やかに赤くなるため、
「かえで」のことを、「もみじ」と呼ぶようになったようです。

紅葉の一般的にもみじと呼ばれているものは
カエデ科の植物で、日本には30種類以上が見られます。

紅葉する木

紅葉:カエデ科(ヤマモミジ、ハウチワカエデ)・ニシキギ科(ニシキギ、ツリバナ)・ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ)・ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジ)・ブドウ科(ツタ、ヤマブドウ)・バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラ、カリン、ナナカマド)・スイカズラ科(ミヤマガマズミ、カンボク)・ウコギ科(タラノキ)・ミズキ科(ミズキ)

黄葉:イチョウ科(イチョウ)・カバノキ科(シラカンバ)・ヤナギ科(ヤナギ、ポプラ、ドロノキ)・ニレ科(ハルニレ)・カエデ科(イタヤカエデ)・ニシキギ科(ツルウメモドキ)・ユキノシタ科(ノリウツギ、ゴトウヅル)

褐葉:ブナ科(ブナ、ミズナラ、カシワ)・ニレ科(ケヤキ)・トチノキ科(トチノキ)・ズズカケノキ科(スズカケノキ)


関西の紅葉では人気なのが京都ですね。
京都の寺院などはどこも紅葉が綺麗で、人気のスポットです。
posted by 関西の紅葉 at 17:17 | TrackBack(0) | 紅葉情報




紅葉を見に行こう
関西の紅葉人気スポット情報。もみじについて。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。